ファクタリング

えんナビの審査は緩いの?審査落ちするパターンと通過するコツ

えんナビの審査

ファクタリングの審査って不安ですよね。

初めてのファクタリングだったり、個人事業主だったりする場合は、とくに不安を感じるのではないでしょうか。

資金調達を急いでいる場合は、時間をロスしてしまう審査落ちは避けたいところです。

「えんナビ」の審査が不安な方へ、審査落ちするパターンや審査に通るコツをまとめました。

相見積もりにオススメな、審査の緩いファクタリング会社についてもまとめています。

えんナビの審査通過率は公表されていない

えんナビの審査通過率は公表されていません。

しかし、公式サイトの下記の条件を考慮すると、審査はさほど厳しく無いと思われます。

融資に落ちた・赤字経営・税金滞納・債務整理中・リスケ中でもOK

えんナビの審査は売掛先の信頼が重視されるため、申込者自身の財政状況や借入状況はそこまで重要視されません。

そのため、売買可能な売掛債権を持っていれば、融資に落ちた・赤字経営・税金滞納・債務整理中・リスケ中でも審査に通過できる可能性があります。

えんナビは個人事業主OK

審査の厳しいファクタリング会社では、個人事業主は審査に通りません。

えんナビは個人事業主の買取実績も多く、門戸が広いといえるでしょう。

小口取引にも対応している

えんナビでは小口取引(50万円〜)にも対応しており、柔軟な対応をしてくれる事が分かります。

えんナビの審査は1時間程度

えんナビの審査は、書類提出から1時間程度で買取金額と買取条件をメールしてもらえます。

口頭でしか伝えられないファクタリング会社もありますが、相見積もりを取っている場合などメールでもらえるのはちょっと嬉しいですね。

えんナビで審査落ちするパターンとは?

審査に落ちるパターンを避ければ、審査に通りやすくなるはずです。

売掛債権の存在が確認できない

売買可能な売掛債権が無ければそもそもファクタリングを実行できないため、売掛金の存在を証明するのは何よりも大切です。

  • 架空の売掛債権
  • 成因証明書(売掛債権の発生を証明する資料)が無い
  • 将来債権(まだ発生していない債権)
  • 売掛債権の二重譲渡の疑い

上記のように売掛債権の発生を確認できない場合は、審査落ちの可能性が高いです。

売掛先の経営状態が悪い

売掛先の経営状態が悪い場合、売掛金の支払いが遅れたり、最悪の場合は倒産によって買い取った債権が回収不能になるリスクもあります。

審査で重要視される「売掛先の信用力」に関わる部分でもあり、売掛先の経営状態が悪い場合は審査落ちの可能性が上がります。

公的機関であれば支払い遅延や未回収のリスクはかなり低いため、審査に通りやすくなります。

売掛先が個人事業主

えんナビでは、売掛先が個人事業主の場合は買取不可とは明記されていません。

しかし、個人事業主は社会的信頼も低く、買取不可としているファクタリング会社が多い事を考えると、審査落ちしやすいと言えるでしょう。

申込者が信用できない

ヒアリングや面談の際に、申込者が信頼できるかどうかも見られています。

信頼できない人物であれば、架空の売掛債権・売掛債権の二重譲渡・売掛金の使い込みといったリスクも考えられるからです。

  • ヒアリングや面談で嘘を吐く
  • 知っていて当たり前の情報を答えられない
  • 横柄な態度を取っている
  • ネットでの評判が著しく悪い

上記の場合は信頼できない人物として、審査落ちする可能性があります。

えんナビの審査に通過するコツ

えんナビの公式サイトでは審査通過率は公表されていませんが、「審査で売掛先の信用を重要視する事」は公表されています。

  • 売掛債権が実際に存在していること
  • 買い取った売掛債権がきちんと回収できること

上記のような点をクリアできれば、えんナビの審査に通過できる可能性があります。

社会的信用の高い企業、経営状態が良好な企業の売掛債権で申込む

社会的信用の高い取引先の売掛債権ほど、審査は通りやすくなります。社会的信用の高い取引き先は以下の通りです。

  • 公的機関
  • 上場企業
  • 金融機関と取引のある企業

とはいえ、中小企業や個人事業主ではなかなか取引をするのが難しい相手でもあります。

そこで次にオススメなのが、経営状態の良好な企業の売掛債権です。

売掛先の経営状態が悪い場合、買い取った債権の未回収リスクが高いと判断され、ファクタリングの審査に通過できない可能性が高いです。

なるべく経営状態の良好な取引先の売掛債権をファクタリングするようにしましょう。

支払い遅延の無い、継続的な取引先の売掛債権で申込む

「未回収リスクに関わる項目」として見られるのが売掛先との関係性です。

  • 長く継続して取引をしている取引先である事
  • 過去に支払い遅延がない事

継続して遅延なく取引が行われている事が分かれば、売掛金をきちんと回収できる可能性が高いと判断してもらえます。

基本契約書など「継続的な取引」を確認できる書類がある場合も積極的に提出しましょう。

逆に、新規の取引先や単発の仕事での売掛債権の場合、信用を得にくいと言えるでしょう。

売掛債権の発生を証明できる資料をできるだけ多く用意する

「売掛債権が本当に存在する事」を証明するため、請求書以外にも売掛金の発生を証明できる資料があれば、積極的に提出するといいです。

3社間ファクタリングで申込む

3社間ファクタリングを選んだ場合、取引先に承諾を得る必要がありますが、手数料が安く審査も通過しやすくなります。

ファクタリングの利用は取引先に知られたくない場合が多いと思いますが、どうしても審査に通らない場合の選択肢にはなります。

えんナビは、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの両方に対応しています。

1社に絞らず、複数社に相見積もりを取る

えんナビ1社に絞らず、複数のファクタリング会社(3社程度がオススメ)に申込んで、相見積もりを取ることをオススメします。

ファクタリング会社によって審査の基準も違うため、通過する会社もあれば審査落ちする会社もあるでしょうし、手数料も変わってきます。

ファクタリングの審査通過率が高く、無料で相見積もりが取れるオススメのファクタリング会社は以下の通りです。

審査通過率98%!ビートレーディング

30万円〜3億円と幅広く対応しているファクタリング会社です。

審査通過率が98%と高く、原則登記不要となっており、個人事業主の買取実績も豊富です。

審査が不安な方は、とりあえず相見積もりの候補に入れておいてはいかがでしょうか?

急いで資金調達したいならアクセルファクター

半数以上が即日対応という、スピード取引に定評のあるファクタリング会社です。

買取金額の下限がなく、小口から大口まで幅広く対応可能です。

審査通過率も90%以上と高く、個人事業主の買取実績も豊富です。

急いで資金調達したい場合にオススメの会社です。

関連記事
えんナビで即日資金化
えんナビで最短で即日資金化する方法!ファクタリングの必要書類や条件まとめ

すぐにまとまった資金調達の必要があって、即日対応できるファクタリング会社を探していますか? 中小企業や個人事業主に人気のファクタリング会社「えんナビ」なら、最短で即日入金も可能ですよ! えんナビは「2 ...

続きを見る

-ファクタリング