えんナビで即日資金化

すぐにまとまった資金調達の必要があって、即日対応できるファクタリング会社を探していますか?

中小企業や個人事業主に人気のファクタリング会社「えんナビ」なら、最短で即日入金も可能ですよ!

えんナビは「24時間365日スタッフ対応」という他社にないメリットがあります。

夜間や土日でも資金調達についてスタッフに相談できますし、書類の受け渡しやヒアリングなども対応してくれます(審査は平日昼間のみ)。

えんナビでは、見積もりの金額を見てから、ファクタリング契約をするかどうか判断すればOK。見積もりに納得できなければ、利用する必要はありません。

即日入金を希望するなら、審査にかかる時間を確保するためにも、できるだけ早く申込む事をオススメします。

申込に必要な書類は以下の3点です。

審査に必要な書類

  • 請求書
  • 通帳
  • 決算報告書(または確定申告書)

通帳は売掛先の入出金が確認できるもので、ネット銀行の場合はネットの取引明細でもOKです。

法人なら決算報告所、個人事業主は確定申告書を準備してください。

まずは、公式サイトの「30秒でできる!簡単査定」というお申込みフォームから申し込みましょう。

  • 法人か否か
  • 売掛先が法人か否か
  • 必要金額
  • 法人か否か
  • 資金調達希望日
  • 携帯電話番号
  • 連絡先メールアドレス
  • 会社名
  • お名前

必要事項を入力したら、「簡単査定」のボタンを押せば申込は完了です。

申込後は、以下の手順で手続きが進んでいきます。

  • 公式サイトから申込
  • 担当者のヒアリング(電話で10分程)
  • 必要書類を提出
  • 見積もりの提示
  • 契約&入金

書類提出から最短1時間〜で、調達可能金額や手数料といった見積もりが提示されます!

契約方法は3種類あり、非対面での契約も可能です。

秘密厳守&ノンリコース契約となっているので、売掛先の倒産など不測の事態でも返還義務が発生せず安心して利用できますよ。

えんナビは、こんな方にオススメの会社です

  • すぐにまとまった資金調達が必要
  • 売掛金は50万円〜5000万円の範囲
  • 即日入金して欲しい
  • 非対面で契約したい
  • 個人事業主、企業1年目
  • 赤字決算、税金滞納、融資に落ちた
  • 土日、夜間に対応して欲しい

見積もりは無料なので、金額を確認してから検討してもOKです。

えんナビは、必要書類さえ揃えられれば、即日入金は決して難しくはありません。まずはスタッフに相談してみてはいかがでしょうか?

\ まずは無料で見積もり!公式サイトはこちら /

えんナビは365日24時間スタッフ対応だから最短・即日入金可能!今日入金してもらう条件は?

中小企業や個人事業主に人気のファクタリング会社えんナビは、最短で即日入金してもらう事も可能です。

えんナビでは365日24時間スタッフが対応してくれるため、他社では対応してもらえない夜間や休日にもネットバンクを活用して入金してもらえる場合もあり、緊急時にはぜひ候補に入れたいファクタリング会社と言えます。

ただし、えんナビで即日資金化するためには、以下のようにいくつか条件があります。

即日入金してもらうための条件

  • 売掛金が50万〜5000万円
  • 2社間ファクタリングで申し込むこと
  • 契約に間に合うよう必要書類を準備すること
  • 審査をスムーズに通過すること

えんナビで利用可能な金額は50万円〜5000万円となっており、実際には数十万〜数百万の利用がメインとなっています。高額の場合、即日対応が難しい場合もあります。

えんナビに限らず、ファクタリングで即日入金してもらうためには「2社間ファクタリング」を選択する必要があります。

2社間ファクタリング(2社間契約)は手続きが早く、売掛先にバレる事なくファクタリングを利用できますが、審査がやや厳しくなったり手数料が高めに設定されるといったデメリットがある事も理解しておく必要があります。

ファクタリングの手続きの中でとくに時間がかかるのが「審査」と「必要書類を揃える」の2点になります。

「審査にかかる時間」ですが、えんナビは最短1時間で審査が完了します。

しかし契約書類には、役所・法務局・税務署などで手に入れる必要がある書類が含まれる場合もあり、揃えるのに時間がかかります。

必要書類を揃えられるかどうか?が大きなポイントで、必要書類さえ揃えば、即日着金できる可能性はじゅうぶんにあります。

えんナビでファクタリングするための必要書類一覧

えんナビでは、手続きをスムーズに進めるため、必要書類を2回に分けて提出します。

必要書類は申込条件によって異なるため、スタッフがこちらの状況をヒアリングしたのち、必要な書類を案内してくれます。

以下に基本の書類をまとめておきますが、申込条件により追加書類を求められる場合もあります。

審査に必要な書類

以下の3点があれば、とりあえずは申し込みができます。この書類を提出しないと審査が始まらないので、速やかに提出するようにしましょう。

  • 請求書の原本
  • 預金通帳のコピー
  • 決算報告書(または確定申告書)

「請求書」は売掛金の信憑性を確認するためのもので、加えて契約書・発注書・納品書・担当者とのメールなど、売掛金の発生を確認できる資料を複数提出できれば、審査でより有利になります。

預金通帳は、売掛先との過去の取引が確認出来るものを用意する必要があります。

法人の場合は決算報告書、個人事業主の場合は確定申告書や青色申告決算書の提出を求められます。新設法人の場合は担当者と応相談となります。

契約に必要な書類

見積もりに納得し、実際に契約する段階で必要となる書類です。

ただし、結果が出てから書類を集めると即日入金に間に合わない可能性があります。

ファクタリング他社でも同じような書類を求められる場合が多いので、審査の結果を待っている間に、コンビニや役所で揃えてしまうのがオススメです。

  • 預金通帳の原本
  • 代表者の身分証明書
  • 代表者の住民票
  • 印鑑証明書(代表者・法人の両方)
  • 実印(代表者・法人の両方)
  • 登記事項証明書(法人の場合)

申込条件によっては、納税証明書を求められる場合もあるようです。

えんナビで即日資金化する手順

「えんナビ」では申込から最短1時間で審査が完了し、契約・入金まで数時間で完了します。

必要書類さえ揃えば、即日資金化もじゅうぶんに狙えますよ。

えんナビでの申し込み〜入金までの手続きは以下の通りです。

  • 公式サイトから申込
  • 担当者の電話ヒアリングに対応
  • 審査に必要な書類を提出
  • 見積もり提示
  • 契約&入金

えんナビのポイントは、なんと言っても「24時間365日、年中無休でスタッフが対応してくれる」という事です。

審査は平日のみとなっていますが、ヒアリングや書類の受け渡しなどはいつでも対応してもらえるのが他社にはない強みです。

できるだけ早く、公式サイトから申し込む

えんナビでは、申込後に提示される見積もり金額に納得できなければ、とくに利用する必要はありません。

ファクタリングの申込から入金までには、審査や必要書類を揃えるための時間を確保する必要があるため、できるだけ早く申し込みを済ませるのが大切です。

えんナビは「24時間365日スタッフ対応」なので何時でも申し込みができますが、即日入金を目指すなら遅くても10時頃までには申し込むことをオススメします。

まずは、えんナビ公式サイトのお申込みフォームまたは電話から申し込みましょう。

公式サイトを下にスクロールしていくと「30秒でできる!簡単査定」というお申込みフォームがあります。

  • 法人か否か
  • 売掛先が法人か否か
  • 必要金額
  • 法人か否か
  • 資金調達希望日
  • 携帯電話番号
  • 連絡先メールアドレス
  • 会社名
  • お名前

必要事項を入力したら、「簡単査定」のボタンを押せば申し込みは完了です。

担当者の電話ヒアリングに対応する

公式サイトから申し込んだ場合、通常であれば5〜10分程度で「えんナビ」から折り返しの電話が入り、担当者によるヒアリングが始まります。

ヒアリングは「仮審査」とも呼ばれており、「ファクタリングサービスに関する説明」「申し込み情報の確認」「必要書類の提出可否の確認」などが行われます。

えんナビのヒアリングは10分程度の簡単なもので、申込者の人柄なども確認されます。

参考までに、ファクタリング会社のヒアリングで一般的によく問われる内容についてまとめておきます。

  • 【資金調達について】希望金額、希望入金日、調達できた資金使途など
  • 【会社の基本事項】会社名、住所、社員数、営業年数など
  • 【事業内容について】業種、具体的な事業の内容など
  • 【売掛先について】売掛先の名前、締日など
  • 【借入の状況】銀行融資・ノンバンク・ファクタリングの利用状況、その他借り入れがあるかなど
  • 【ブラックな履歴の有無】税金滞納の有無、自己破産などの履歴はあるか、消費者金融の利用状況、詐欺被害はあるかなど

えんナビでは与信審査がメインなので、経営状況・借入状況・税金の支払い状況が悪くても利用できますが、状況把握のために確認される可能性はあります。

聞かれた質問には正直に答えるようにしましょう。

審査に必要な書類を提出する

担当者から案内された通り、請求書・通帳・決算書といった審査に必要な書類をメール・LINE・FAXなどで提出します。

書類をパソコンに取り込んでメールで送るのが一番簡単でオススメです。

この書類を提出しないと審査が始まらず、手続きが進まないので、できるだけ早く提出するようにしましょう。

えんナビの審査は、書類提出から最短1時間〜となっています。

審査にかかる時間は申込状況により変わりますが、複数にわたる高額な売掛債権の審査にはより時間がかかります。

書類を提出すると一旦待ちの状態となりますが、相見積もりの手続きを取ったり、契約書類を準備したりとやる事はたくさんあります。

審査待ちの間に契約に必要な書類を準備する

契約書類は、住民票・印鑑証明書・登記謄本など、揃えるのに時間がかかる書類が必要になります。

ヒアリングの際に「契約に必要な書類」も合わせて確認しておき、審査結果を待つ間に必要書類を準備しておくと手続きがスムーズに進みます。

見積もり提示

審査に通過すると、「えんナビ」から調達可能金額や手数料といった見積もりが提示されます。

見積もりの金額に納得できなければ、契約する必要はありません。

金額に納得できた場合のみ、契約へと進みます。担当者と打ち合わせて、契約方法や入金までのスケジュールなどを決めます。

契約&入金。即日資金調達に成功!

えんナビでは、お客様との良好な関係を大切にしており、面談を兼ねた「対面契約」が推奨されています。

ただし、社会情勢や地方在住などで対面契約を避けたい場合は、メールと電話により非対面で契約を結ぶことも可能なので、担当者に相談してみましょう。

対面契約では、お互いに人柄を確認し、契約書類を確認しつつ疑問点はその場で聞いて解決できるなどのメリットがあり、契約には1時間程度を見込んでおくといいです。

東京都上野にある「えんナビ」の事務所に来社して契約するのが最もスムーズでオススメですが、スタッフに出張してもらって契約を結ぶことも可能です。

契約が完了すると、振込手続きが行われます。

えんナビでは、インターネットバンキングを活用して銀行の窓口営業時間外でも振り込んでもらえる可能性があります。

調達金の振込先には、インターネットバンキングを使える銀行を指定する事をオススメします。

後日、売掛金が入金されたら、えんナビに一括で売掛金を振り込みます。これでファクタリングの入連の流れが完了となります。

えんナビで即日資金化するために知っておきたい知識

来店不要・非対面でも即日資金化できる?

えんナビには3つの契約方法が用意されており、来店不要・非対面でも契約する事ができます。

  • 来社契約:東京都上野にあるえんナビの事務所に来社して契約する
  • 出張契約:スタッフに出張してもらって契約する方法
  • 電話とメールで契約:契約書をパソコンに取り込み、電話やメールでやり取りすることで契約する方法

社会情勢や時間の関係で対面契約ができない場合は、「電話とメールで契約」を選択することで非対面でも契約する事ができますよ。

即日入金だと手数料は上がる?

ファクタリングの手数料は、利用金額・売掛先の与信・契約形態などをもとに算出されます。

この中で即日入金に大きく関係するのが契約形態です。契約形態により、手数料は大きく変わります。

  • 2社間契約の手数料の相場:10〜20%程度
  • 3社間契約の手数料の相場:1〜9%程度

えんナビでは「2社間契約」と「3社間契約」の両方に対応していますが、えんナビに限らず手続きが早く即日対応できるのは「2社間契約」のみです。

即日入金だと手数料が上がるというよりは、即日入金だと必然的に手数料の高い「2社間契約」になってしまうという形です。

個人事業主でも即日資金化できる?

えんナビでは、個人事業主の利用も多く、必要書類が揃っていれば個人事業主でも即日資金化する事が可能です。

ただし、個人事業主の場合は審査が長引いたり、追加書類が多くなる場合もあるため、余裕を持って申し込んだり、複数社に相見積もりを取ることをオススメします。

2社間契約って本当に相手にバレないの?

即日入金の場合、必然的に「2社間契約」になります。

2社間契約では、3社間契約と違って売掛先に「ファクタリング利用承諾」や「売掛債権の譲渡通知」が行われません。

法人の場合は原則として「債権譲渡登記」が行われますが、売掛先が債権の譲渡を知らないのであれば登記情報を確認される可能性は限りなく低く、バレる可能性は考えなくて大丈夫です。

銀行の融資でも、ファクタリングの利用が悪影響を与える心配はありません。

個人事業主の場合は、そもそも債権譲渡登記を行う事ができないため、バレる事はありません。

即日資金化した後の精算方法は?

2社間ファクタリングの場合、売掛先から売掛金が入り次第、えんナビに一括で振り込みます。分割払いはできません。

買取対象にならなかった金額がある場合は、えんナビから精算されます。

最短で即日資金化するためのポイント

最短で即日入金可能なファクタリング会社はありますが、実際に即日着金に成功するのは意外と難しいものです。

即日資金化に成功するためのポイントをいくつかご紹介します。

担当者に急いでいる事を伝える

問い合わせ後、担当者とのヒアリングの際に「即日着金を希望している旨」を念押ししておきましょう。

緊急案件と判断してもらう事で、素早く対応してもらえるようになります。

必要書類を素早く揃える

ファクタリングで即日資金化の成功を左右するのが「必要書類を揃えられるかどうか?」になります。

時間を有効活用して、必要な書類を揃えましょう。

相見積もりを取る

ファクタリングの審査は、融資やビジネスローンに比べると緩いといわれています。

えんナビでは具体的な審査通過率などは公開されていませんが、えんナビのような銀行系以外のファクタリング会社では審査が緩い傾向は顕著で審査通過率が9割を超える会社も少なくありません。

とはいえ、審査落ちの可能性はゼロでは無いのです。「大手法人の売掛金で申し込んだのになぜか審査落ちした」という人もいます。

万が一、審査に落ちた場合、それから別のファクタリング会社に相談して… となると、即日資金化はかなり難しくなります。

また「緊急時」というと、「多少高くても緊急なら契約してくれるかも」とファクタリング会社に足元を見られて、手数料を高く設定される可能性もあります。

相見積もりを取っていれば、万が一審査落ちしても、他の会社で通過するかもしれませんし、手数料に関しても冷静に交渉する事ができます。

「相見積もりを取って複数社を検討するのは時間がある時」というイメージがあるかもしれませんが、時間がないからこそ即日入金希望の場合は複数社に相見積もりを取るのが大切です。

見積もり取得の手順や必要書類はどこも似ているため、ヒアリング対応の手間は増えますが難しい事はありません。

デメリット以上のメリットがあるので、えんナビの他にも2社ほど選定して相見積もりを取ることをオススメします。

ファクタリングで即日資金化するなら「えんナビ」!お申し込みは公式サイトから

中小企業や個人事業主に人気のファクタリング会社「えんナビ」なら、最短で即日入金も可能です!

えんナビには「24時間365日スタッフ対応」という他社にないメリットがあります。

夜間や土日でも資金調達についてスタッフに相談できますし、書類の受け渡しやヒアリングなども対応してくれます(審査は平日昼間のみ)。

えんナビでは、見積もりの金額を見てから、ファクタリング契約をするかどうか判断すればOK。見積もりに納得できなければ、利用する必要はありません。

即日入金を希望するなら、審査にかかる時間を確保するためにも、できるだけ早く申込む事をオススメします。

申込に必要な書類は以下の3点です。

審査に必要な書類

  • 請求書
  • 通帳
  • 決算報告書(または確定申告書)

通帳は売掛先の入出金が確認できるもので、ネット銀行の場合はネットの取引明細でもOKです。

法人なら決算報告所、個人事業主は確定申告書を準備してください。

まずは、公式サイトの「30秒でできる!簡単査定」というお申込みフォームから申し込みましょう。

  • 法人か否か
  • 売掛先が法人か否か
  • 必要金額
  • 法人か否か
  • 資金調達希望日
  • 携帯電話番号
  • 連絡先メールアドレス
  • 会社名
  • お名前

必要事項を入力したら、「簡単査定」のボタンを押せば申込は完了です。

申込後は、以下の手順で手続きが進んでいきます。

  • 公式サイトから申込
  • 担当者のヒアリング(電話で10分程)
  • 必要書類を提出
  • 見積もりの提示
  • 契約&入金

書類提出から最短1時間〜で、調達可能金額や手数料といった見積もりが提示されます!

契約方法は3種類あり、非対面での契約も可能です。

秘密厳守&ノンリコース契約となっているので、売掛先の倒産など不測の事態でも返還義務が発生せず安心して利用できますよ。

えんナビは、こんな方にオススメの会社です

  • すぐにまとまった資金調達が必要
  • 売掛金は50万円〜5000万円の範囲
  • 即日入金して欲しい
  • 非対面で契約したい
  • 個人事業主、企業1年目
  • 赤字決算、税金滞納、融資に落ちた
  • 土日、夜間に対応して欲しい

見積もりは無料なので、金額を確認してから検討してもOKです。

えんナビは、必要書類さえ揃えられれば、即日入金は決して難しくはありません。まずはスタッフに相談してみてはいかがでしょうか?

\ まずは無料で見積もり!公式サイトはこちら /